ぶどう栽培のスタートです!

農場の様子

志賀農場では、ぶどうの栽培が始まりました。

毎年3月は、ブドウハウスの腐食したパイプ交換や、屋根紐バンドの交換取り付け、

そして一番大変な屋根のビニール張りがあります。

まず、屋根紐バンドの取付作業です。

1棟約180本あり、それが16棟・・・

気の遠くなる作業です・・・。

ブドウ屋根張り2.jpg

そして屋根紐バンドの交換作業。

IMG_2433.JPGのサムネイル画像

切れて短くなったものや、ちぎれそうなものを新しいバンドへ交換します。

これはベトナム人実習生の女の子たちにおまかせおまかせ。

でもこちらも気の遠くなるような数です・・・地道に地道に作業していきます。

そして一番大変な、屋根のビニール張り。

ブドウ屋根張り1.jpg

幅5m、長さ65mもあるビニールを16棟(16列)、パイプによじ登り、みんなで取り付けます。

毎年、冬前に外して春に取り付けるんです。

なぜ付けっぱなしにしないのかって・・・???

北陸は雪が降り、屋根にたくさんの雪が積もると重くてハウスがつぶれたり、ビニールが破れたりしちゃうからなんです。

大事な大事なぶどうの木のため、仕方がありません。

今年から、志賀農場に若い社員がやってきました^^

さっそく屋根に上がり、頑張っていますよ!

今年も美味しいぶどうを作るため、みんな日々奮闘中です!!!!