じゃがいもの実・・・

農場の様子
こんにちは!

前回のブログで「実のなるジャガイモはどれでしょう??」ということで、ジャガイモの花をご紹介しました。



さてさて、続きです。

実のなるジャガイモは・・・・・




「とうや」でした。
毎年、スギヨファームの農場ではごろごろ実がついてます。

IMG_0507 (2).JPG

IMG_0509.JPG


パッと見、青いミニトマトに似ていますね!
ジャガイモもトマトと同じナス科だからでしょうか?


ちなみに、男爵やキタアカリも実ができることはありますが、それほど多くはないようです。

シャドークイーンはほぼ実ができない品種で、スギヨファームでは実ができたことはありません。


アンデスレッドは3倍体というもので、種なしスイカと同じく、絶対に実ができないもの!らしいです。
赤い実がなったら本当にトマトみたいなのになー、なんて(笑)



花が終わって実がなる頃になると、葉や茎が黄色くなって、収穫が近いことを教えてくれます。

タマネギの収穫が始まる時期に、ジャガイモの収穫も近いことを知って焦る、という毎年恒例の一幕でした。



じゃがいもの花

農場の様子
6月に入り、そろそろ北陸地方も梅雨入りしそうです。

さて、3月に種イモを植えたじゃがいもがすくすく育ち、花をつけました。
じゃがいもの花って小さくて、意外とかわいいんですよね(^^)

スギヨファームでは何種類かのじゃがいもを植えたのですが、種類によって花の見た目も違うんです。



✿男爵✿
dansyaku.jpgのサムネール画像


✿とうや✿
toya.jpg


✿アンデスレッド✿
red.jpg


✿キタアカリ✿
kitaakari.jpg


✿シャドークイーン✿
syado.jpg



品種によってこんなに花の色や見た目が違うのもおもしろいですね!


花が咲くということは、が生(ナ)るということ。


じゃがいもの実って、見たことありますか??



品種によって差があって、上の5品種の中でもそこそこ実のできるものから、遺伝子の都合によって
絶対にできないものもあります。


さて、
実のなるじゃがいもはどれでしょう????






つづく。