ぶどう園開園

お知らせ
みなさんこんにちは!

とうとう北陸地方も梅雨明けを迎えました。

今年から農地を拡大したスギヨファームですが、志賀町にあるぶどう園が開園しました!!
ぶどう園は能登リゾートエリア増穂浦沿いにあります。

旗とこの看板が目印!
DSC_0534.JPG


開園時間:午前10時~午後4時
       7月26日(土)~9月中旬予定
入園料:無料
お持ち帰り価格:デラウェア     1,000円
(1kgあたり)    スチューベン   1,200円
          巨峰        1,400円
           ロザリオビアンコ  1,400円



現在はデラウェアが旬となっております。
DSC_0529.JPG

ご家族、お友達お誘いの上、是非ご来園ください(*^_^*)


≪お問い合わせ先≫
スギヨファーム志賀農場  TEL 0767-42-2617



直売所にて学生インターンシップを募集します!

お知らせ

今日は石川県の各地で真夏日を記録する等、大変な暑さですが
スタッフ一同、熱中病に気をつけながらキャベツの収穫
タマネギの出荷準備等に追われております。

そんな中ですが、直売店にて学生を対象にインターンシップを募集を開始しました!

多くの日本の地方は豊かな文化を持ちながらも、高齢化や人口減少等問題を抱えて
おり、世界農業遺産に認定された能登についても状況は同じです。

その問題に取り組むべく、スギヨファームは活動していますが、まだまだ若い人の
力やアイデアが必要です。

学生にとっても、全国に共通する日本の問題について、机上ではなく当事者として
取り組むことで、簡単には得ることのできない経験が出来るはずです。

我こそはという人は、下記から問い合わせを!

詳細URL

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界農業遺産に認定されるほど豊かな能登の里海里山。

しかし、人口流出、守り手の高齢化などによる文化の衰退
耕作放棄地の増加などが問題視されるという現状もあります。

本プロジェクトの受入企業となるスギヨファーム、その始まりも
能登島の4.8haの耕作放棄地からでした。

スギヨは、能登島の土地と丁寧に対話を重ねながら
耕作放棄地を農場へ変え少しずつその規模を広げてきました。

8年が経ち、スギヨファームが持つ農場は60haまで拡がりました。

【新たな一歩 スギヨファーム直売店】

2014年4月、スギヨファームは、次なるステージへと進むための
第一歩として能登野菜の「直売店」をOPENします。

この直売店が今回のインターンシッププロジェクトのフィールドとなります。

インターン生は"学生副店長"という立場に就き、スギヨファームの「メディア」として活動します。

『スギヨファーム直売店の運営&プロモーションのPDCAサイクルを軌道に乗せる』
これが、本プロジェクトのゴールとなります。
店舗での販売活動を行うことで常に最新の店舗状況を把握しながら
様々な取り組みを行っていきます。

【未来のスギヨファームのベース作り】
直売店のOPENにより、スギヨファームの農業事業は、3つ目の機能を持つこととなりました。

1. 能登野菜の「生産」
2. 野菜加工品の「加工」
3. 一般消費者への「販売」 ←NEW!!!

いわゆる、農業の「6次産業化」です。

この直売店を皮切りに、3年後には「能登薬膳」をコンセプトとした
志賀町店の開店、そして5年後には東京への展開を目指しています。

株式会社スギヨ時代から培ってきた信頼をベースに、これからも積極的な
チャレンジを続けていく予定です。

それら全てのベースを、このインターンシッププログラムで作っていきます。

都会から遠く離れた能登の農業事業ではありますが、もしかすると他には無い
最先端な取り組みかもしれません。

農業だけでも、店舗運営だけでもない、幅広いチャレンジがあなたを待っています。

元気に野菜を売りながらも、細かく店舗について考えたり、積極的にプロモーション策が
打ったりできる、そんな幅のある行動力を持った学生をお待ちしています。

ネットショップが出来ました!

販売情報
スギヨファームは、4月25日に直売所をオープンさせました。

ここでは、農産加工品や野菜を販売しているのですが、
実店舗へ行きにくい人や店舗上だけではなく、より購入
しやすいようにネットショップをオープンさせました!


できたばかりで、これから内容を充実させていくところですが
とりあえずスタートを切ることができました。

能登の魅力、商品の魅力を十二分に伝えることができるよう
にこれから内容を充実させますので、宜しくお願いいたします!