大雪の下キャベツ

農場の様子
今週の日曜日に、七尾周辺は大雪に見舞われ、能登島は一時通行止めが出るほどの大騒ぎになりました。1日で60cm以上は降ったんじゃないでしょうか・・。能登島のビニールハウスが壊れないかそれだけが気がかりでいましたが、それは無事でした。しかし、それ以上に、野菜の欠品が許される状況でなく、能登島野菜の「加賀揚げ」を作る為、新鮮採りたてキャベツ、ニンジンを毎日入庫しなければならないのです・・。通常だったら、半日もあれば2人でキャベツ400kgくらい収穫できるのですが、60cmも雪があるとなると別です。これはもう災害のレベルです。という言い訳も聞かず、今週は、工場から応援を頼んだりしながら、10人でやっとの思いで1日分のニンジンとキャベツが収穫しています。昼間は動いていれば、汗かく位ですが、午後になると急に冷えて汗が体を冷やし、手足も冷たく・・・。とにかく「加賀揚げ」あっての農業事業なので、雪がなくなるまでは何とか必死で収穫しています。大雪の下キャベツ、ニンジンは絶対おいしい!!と信じて。
%E9%9B%AA%E9%96%A83.bmp%E9%9B%AA%E9%96%A81.bmp%E9%9B%AA%E9%96%A8%EF%BC%92.bmp

野菜を売りに

お知らせ
今まで、自社工場で加工する野菜を生産することを目標に野菜を作ってきました。だからって手を抜いてきたわけでは決してありません。確かに自社で加工することで、サイズを厳密に選別する手間もなく、規格外の大きさになった野菜でも工場へ出荷できるというのは、強みだと思います。農地に拡大に伴い、自社工場だけでなく、他の食品加工メーカーへも一部野菜を売ることも始めました。やはり外販をすると厳しいことを要求されてきます。今までは消費者として考えれば当たり前の事なのですが・・・。今後はそういった要求にも対応できるように、収穫後の選別管理も心がけ、スギヨの野菜は見た目にも、食べても美味しいね。と言われるようにしたいです。

あけましておめでとうございます

農場の様子
あけまして、おめでとうございます。
仕事始めをして2週間目に遅ればせながらのご挨拶となってしまいました・・。年末年始のお休みは、久しぶりに実家の福島に帰り、のんびりとぐうたら生活をしていたのですが、珍しい事に風邪を引いてしまいました。しかも七尾に到着した日に。元気な時は風邪ひいて寝込みたいと思っていたのですが、とんでもない罰当たりです。普段ほとんど薬を飲まないせいか、薬効果抜群で1日で直りましたが、もう風邪引きはコリゴリです。先週は暖かく、今年は暖冬かなと期待していたのですが、今週は打って変わって大雪です。キャベツもニンジンも雪の下になってしまいました。まだこれからが冬本番。寒さに負けずみんなでがんばらないと!!今年もよろしくお願いします。
%E9%9B%AA%E3%81%AE%E7%95%911.bmp